neconome -ネコノメ-

BLOGご感想

「身体は動かなくても、聞こえていたよ」

2017/11/10

01.jpg
※画像はイメージです。

アニマルミディアムシップでお話しさせていただいたMさん
愛犬の最期についてお話させていただきました。
天に召されるそのときにきちんとお別れができなかったのではないかと悔やまれておいででした。

命の終わるとき、悔やまれて悔やまれて、ご自分を責めてご相談にくる飼い主さまは、多くいらっしゃいます。

もう少し病院に早く連れて行けば。。。
もっと早く気づいていれば。。。
こうしれいれば、こうしなければ・・・・

しかし、これまで私は動物自身が、飼い主さまを責めるようなことは一度も聞いたことがありません。
今回お話しさせていただいたMさんの愛犬さんも同じでした。
気づいたらもう意識がなくお別れをきちんと言えなかったのではないか
抱きかかえる前に天に召されてしまっていたのでは
お話しされる言葉以上に、その光景と悲しみが伝わってきました。
でも、その悲しむご家族を大きく包むように、Mさんの愛犬さんのエネルギーが輝いているのを感じました。
そしてこう話してくれたのです。
「身体は動かくなくても、聞こえていたよ」
すでに心臓は止まり、身体をぴくりとも動かなかったけれど、苦しさから解放されて
みんなの声は聞こえていたし、自分もちゃんとお別れが言えた。
そして、病院で離ればなれにならず、大好きなおうちでサヨナラが言えたこと嬉しかったと教えてくれたのでした。
安らかな、本当に安心した気持ちで天に還ったことをMさんにお伝えしました。
後日、ご家族にもご報告して頂けたとのことで、私も誤解がとけてよかったと安心しました。
Mさんの愛犬さんも、自分が亡くなった時のことを誤解して余計に悲しんでいたからと、伝えられてよかったと教えてくれました。

先日、カードリーディングをしていたとき、飼い主さま自身のことをリーディングしていたのですが、そこで亡くなったペットさんからのメッセージがはいることがありました。
ここのところ、意図せず、飼い主さまへのメッセージが動物から届くことが多いのです。
今は都合上分けている、アニマルコミュニケーションですが、分けることが必要ないのかもしれませんね。

---お知らせ---
楽しみにしてくださっている方には申し訳ないのですが、年末年始の感謝企画は予定を見送らせていただきました。
時間がないこともあるのですが、保護活動をしているボランティア団体さんや、シェルターの方の依頼を優先にしており、今後はそういった活動をしている方に向け、もっと使いやすく安価にし、何かしらお役にたてるような体制にしたいと考えているのです。
また、人間と暮らす動物だけでなく、幅広くコミュニケーションをしてきたことで、自分の軸が少しずつ変わってきていることもあるので、考えがまとまりましたら、またお知らせしたいと思います!
引き続き、お急ぎの場合はできるだけ対応させていただきますね。

お読みいただきありがとうございました。

ようこそ!ネコノメへ

ネコノメ主宰の雪です。
誰でも一緒に暮らす動物とコミュニケーションがとれるようなセッションを目指しています☆動物と人の魂に優劣がないことお互いが尊重できる世界の一助になりますように。

NEW

CATEGORIES

TAGS

Page Top